納車について

中古車オークションでの納車について


中古車オークションは中古車を購入しようと考えた場合、市場よりも安い値段で購入することが出来ることが魅力です。では、この中古車オークションで落札することが出来た車の納車は、どのようになっているのでしょうか。中古車オークションを利用する場合、これらの情報を知った上で利用した方が便利です。

まず、納車の期間ですが、一般的には1週間ほどかかります。車は確かにオークションしてすぐに代行業者の元へやってくることが多いのですが、その時点で車を購入者に渡すことは出来ないのです。また、オークションしたところが遠方であれば、より期間はのびていきます。

なぜ、車を購入者にすぐ渡せないかと言うと、書類が必要になってくるためです。納車のための書類は後日、別送ということになっているため、日数がかかってしまうのです。出品店側が事務局へ書類を提出する期限は数日間の猶予があり、事務局からまた別送で送られてくるため、書類がくるのに1週間かかってしまうケースもあるのです。

もちろん、代行業者側は事務局からもらう車検証のコピーなどで車庫証明の申請を進めますが、これも3日ほどかかります。そのため、1週間程度が一般的な期間となっているのです。

必要書類は、車検証、譲渡証明書、委任状、印鑑証明、リサイクル預託済証明書、取扱説明書、修理点検帳などです。これは車検付きの自動車の場合であり、一時抹消登録の自動車である場合は、登録識別情報等通知書が車検証のかわりに入ってきます。

これらの書類に加え、顧客が保管場所と印鑑証明書を用意することで、車をおさめることができるようになるのです。
しかし、この期間は保証と密接な関係があります。中古車オークションの場合、クレームを申請することが出来る期間は、落札した当日から1週間程度であることが多く、まだ車を顧客が見ていないうちに保証期間が終わってしまうという可能性もあるのです。

そのため、車が代行業者の元に到着した時点で、顧客が行って確認をする必要があります。ゆっくりと納車まで待っていると、当日、車を見て欠陥に気づいてクレームを言おうとしても不可能だったという事もあるためです。

また、代行業者によっては別途独自の保証をしている場合もありますので、この場合は期間をしっかりと確認しておくようにしましょう。10日以上の猶予をもたせてあれば、安心して任せることが出来ます。中古車オークションでは納車してからではなく、落札した日から数える保証だということを知っておくことが大切です。